交通事故の損害賠償 あなたならどうする?

交通事故の法律上の取扱い

交通事故における過失

よくある交通事故

損害賠償請求

損害賠償額

損害賠償保険

交通事故の損害賠償 あなたならどうする?

交通事故の損害賠償

交通事故をおこしたら・・・

交通事故の発生は、日常茶飯事です。事故の程度としても、ちょっと車をこすってしまったり、人をはねそうになってしまったりするものから、最悪の場合には人を死亡させてしまうものまで、たいへんに幅が広いです。2009年の交通事故死者数は5000人を下回りましたが、それでも依然高い数字であるといえます。日頃から交通安全については、学校や会社等で厳しく注意される理由がよく分かります。

交通事故と聞くと、たいてい事故現場、事故原因、被害の程度などが注目されます。では、交通事故が起こった場合、その後の手続きはどうなっているのでしょうか。まずは、けが人がいる場合にはけが人の手当てをしましょう。

同時に、さらなる事故が起きないように危険防止措置をとります。その後は、警察に連絡して現場検証がされたり、けが人等の被害者がいれば謝罪をしたりと、事故後に必要な手続はとても多いです。中でも、交通事故の損害賠償については、保険会社が間に入って被害者とやり取りをするなど、とても神経質になることと思います。

一口に損害賠償といっても、その範囲はとても複雑です。自動車が自転車をはねてしまった場合で考えてみましょう。この場合、自転車が壊れてしまったとすれば、それは賠償してもらえるでしょうか。自転車に乗っていた人がけがをしてしまったとすれば、治療費は賠償してもらえるでしょうか。

けがの原因が、今回の事故前に生じたけがと合わせて引き起こされた場合には、賠償すべきでしょうか。これらは非常に困難な問題を含んでいます。 ここでは、交通事故と損害賠償についての説明をしています。

損害額の算定や、損害賠償をする際の保険の話などの身近なところから、過失相殺や損害賠償請求権の時効などのやや専門的なところまで、幅広く扱っています。交通事故の場合、いつ自分が加害者になるか、被害者になるかは分かりません。ですから、いざというときのために、ここで交通事故と損害賠償に関する知識を身につけてほしいと思います。

スポンサードリンク

Copyright (C) 交通事故の損害賠償 あなたならどうする? All Rights Reserved